うまい!広告表現

今回は、美容機器の広告をご紹介します。

こちら、YAMANさんのMediLift。

キャッチコピーは、これですね。

「手軽さ さらに上がる」

「1日10分、つけるだけ」

この商品、CMなど目にする機会も多く、ご存知の方も多いと思います。
どんな商品でしょう?

お顔に装着して、、

そう、フェイスラインのリフトアップを期待しています。

でも、美容機器。雑品ですので、
ストレートに、そんな効果はいえません。

そこで、

「上がる」という言葉をかけているのは、

「手軽さ」

「フェイスライン」ではなく、「手軽さ」に
「上がる」という言葉をつなげています。

フェイスラインが上がるのではなく、
手軽さが上がったと伝えています。

でも、

お客様のあたまの中には

「上がる」という言葉のイメージが届き、

無意識に、その効果を期待させる、連想させるようになります。


無料個別相談(30分・初回のみ) お申込み

広告表現にお困りの方、薬事対策しても魅力が伝わる広告をつくりたい方、自社の広告の薬事リスクを知りたい方に、初回相談60分を無料で行っています。(全国対応・オンライン)
「気軽に薬事の相談ができる」をご体験ください。