うまい広告表現!(雑品)

家を片付けていたところ、『足すっきりシート休足時間』という足に貼るシートの試供品を発見。

まじまじ見ていると、すごくうまく表現されているな~と感じたので、ご紹介します!

こちらの商品、雑品です。
医薬品や医薬部外品、化粧品ではないので、医薬品的な「効能効果」が言えません。

この足に貼るシートの目的は、きっと足の疲れやむくみを解消、改善するものと思われますが、そのままストレートに書いては、薬機法NGです。

でも、このパッケージのデザイン、コピーから、その目的がすごく伝わると思いませんか?

うまいなーというポイントを以下にまとめておきます。

・「1日はたらいた足」→ 疲れたとか、むくんだという表現をしなくても、「1日はたらいた足」でその足の状態を脳内イメージできる!

・「お風呂上り・寝る前に」→ 使うタイミングやシーンを思い浮かばせることで、使ったときの気持ちよさをイメージさせる

・「5種のハーブ(香料)成分配合」→ ハーブ名以上のこと(例えば、そのハーブの効果など)は書かない

・「がんばった足に、ご褒美タイム」→買う理由を提案

・「こんなとき、こんなところを冷やしてすっきり」「立ち仕事のあとに、スポーツのあとに、ハイヒールを履いた日に」→ 足の疲労を感じるシーンを表現することで、疲労という言葉を使わずにその状態を表現

・貼った足にハーブのイラストと魔法がかかったようなキラキラ → 足が魔法にかかったように、すっきり軽くなりそうなイメージ

よくみると、普段何気なく使っている商品やみている広告に、工夫やテクニックが溢れています。

ぜひ探してみてくださいね!


無料個別相談(30分・初回のみ) お申込み

広告表現にお困りの方、薬事対策しても魅力が伝わる広告をつくりたい方、自社の広告の薬事リスクを知りたい方に、初回相談30分を無料で行っています。(全国対応・オンライン)
「気軽に薬事の相談ができる」をご体験ください。